巡って佳きかな♫ 『巡る五感〜yogaとヒプノと中国茶』WS終了しました♫

 

 

 

例年より早く桜の開花のカウントダウンが始まったというのに、

朝は冷たい雨がしっかりしっとり。

 

ヒプノセラピーが終わる頃には、窓の外は牡丹雪が舞うという

なんとも不思議で風流な陽気となったこの日

3人講師によるコラボワークショップを開催しました。

 

まずはmieさんによる感じる・気づくyogaで場を温め、

身体にスイッチを入れていきます。

ひとつひとつの動きがなんとも繊細、けれどじっくり深く

周りと比べる暇もなく、自分の感覚に集中していきます。

 

後先に意識が行ってもだいじょうぶ。

それに気づいて、またここに戻って来れたらだいじょうぶ。

まるでそんな風に囁かれているように感じられる、やさしいyogaでした。

 

Yogaの後はヒプノセラピー。

シャバアーサナで全身を大地に投げ出して、ブランケットで身体を包み、

それぞれの心地良い状態を探って見つけていきます。

 

誘導タイムを含めると40分ほどでしたが、

時間が進むにつれ、その時間の感覚も分からなくなるほどに

深く深くリラックスゾーンに入っていくのが伝わって来ます。

今回のために構成したスクリプトは『死と再生』。

一度死んで、そして生まれ直す、を体験していただきました。

 

いまこの瞬間を共有できているだけで、

なにかを感じても感じなくても、正解も間違いもなく

ただそうなだけで、なんだか大丈夫という思いが身体の内側から湧き始める。

そして、すべては無限であり、自分で選べるということ。

 

深い域に入られた皆様、はなかなか覚醒されず、

目覚めの誘導3回目にしてやっとこ身体を起こされていました。

「このまま起きずに寝ていたかった」

「ぐっすり眠った時のような目覚め感」

「アーユルヴェーダのシロダーラを受けた時と同じ感覚だった」など

嬉しいご感想をいただきました。

 

 

心身が良い感じで巡ったところで、かのこさんによる中国茶の時間。

今回は、四種類の茶葉をご用意。

なかには厳選された5年ものの茶葉も!

一種類で3煎味わえるので、合計12杯。

 

それぞれの茶葉のストーリーとともに、参加者さんの質問にも答えながら、

一煎一煎丁寧に丁寧に淹れていく。

見慣れない茶器も淹れるお作法も、ゆるんだ身体で夢心地。

皆さん楽しそうです。

用意してくださった数種類のお茶菓子は、お隣同士でつまみあったり

勧めあったりで、ほぼ全員お一人参加とは思えない和み具合で。

お茶の時間は、全編通してかのこさんのやさしい心配りが光っていて

丁寧にこころを込めて淹れてもらったお茶は、色々と伝わり、巡ります。

 


輪になって、明らかに巡りが良くなった皆様といろいろなお話をして

第二回開催のリクエストもいただき、お時間を延長しての御開きとなりました。

 

 

世の中が不安の渦中で、ご参加くださいました皆様ありがとうございました。

また、大事をとって参加を見送られた方々、次回お待ちしております!

ありがとうございました。

 

 

yan mie kano

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です