歌うYOGAと食べるYOGA キールタンWS

 

Govinda’s Bhajan band 

キールタンについて、

プラサードについて、

食事の大切さについて、

知識・キャリア共に圧倒的で話も面白い という

とても惹きつけるものをお持ちな方々。

 

キールタンはひとりで出来ないので、みなさんが来てくれて嬉しいです と

言われたら、こっちもうれしい。

 

 

歌声やハモリも美しい。

普段はライブハウスで立って演奏しているので、

輪になって座るスタイルは久しぶりだそうです。

 

なにより、

やっている本人たちが楽しそうにノリノリ(これ大事)=神が降臨しているときなので、

陽が落ちるのが早いこの頃、、、

住宅街の大きな音にハラハラしても、

彼女らを止めることなど出来ませぬ!!

 

 

Govinda’s Bhajan band では

 ハレークリシュナ ハレークリシュナ 
 クリシュナクリシュナ ハレハレ

 ハレラーマ ハレラーマ 
 ラーマラーマ ハレハレ

 

これだけ。

シンプルで簡単。

バージョン/メロディーが全部違うもの、音は無限です。

 

 

 

たくさんお土産を持ってきてくれました、

おやつ(ハルワ)も作り、持ってきてくれました。

今日はちょうど、ゴーバルダンプージャーの日。

食べながら「このおやつにはこういうお話があるんだよ」と説明をしてくれるのがわかりやすい。

 

 

ヤムナさんの料理本もvanam本棚へ2冊入荷しました。

中野でお店(Govinda's)をやっていた時のレシピがメインの一冊と「食事」について肚に響くお言葉満載の一冊。

調理方法以外の「込めかた」を、何度も反芻してお読みくださいませ。

 

 

おなかすいてきた、、、、

 

 

料理教室も開かれていますので、ご興味があれば連絡を。

 

さらに次回は、料理も含めたキールタンをやっていただくつもりです、

二つを知ることで、

どうするか?で どちらもYOGAになることと、

どれでもYOGAになり得ること が分かります。

 

 

ぜひに!!!!

 


 

私たちは自分のことを「ベジタリアン」ではなく「クリシュナタリアン」と呼びます。アヒムサー(不殺生)からくる禁止より、喜ぶものを捧げて そのお下がりをいただくからです。

私たちは、植物・水・火、を含め、何も作り出す事を出来ず、すべてを与えられています。それをどういう形でお返しするかを理解します。

ギーターの1説に “人が愛と献身で葉、花、果物、水を私に捧げるならばそれを受け入れよう” とあります。

そこに肉や魚は含まれていない、

だからいただかない というわけです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です