歌うヨガ 食べるヨガ 喋るヨガ

 

アーサナ以外の「YOGA」を  知っていただく三部作。

ゴーヴィンダズ バジャン バンドのみなさまが、愛のこもったプラサーダムと聖典のお話を連れ、きてくれました。

 

 

キールタン

さすがに  歌、ハモり、テクニック共にすばらしい。ここのメンバーは とても楽しそうに「ハレークリシュナ」とリードします。

ほんとうのバクタは、名を呼ぶ姿がうつくしい ✨✨

 

時間が経つにつれ 皆の声もどんどん出てきます。

その意味が 分からなくても、歌うだけで浄化されるのがキールタン

♫ ♫  ♫   ♫    ♫    ♫

(さいごは こうなる、、、、)

 

レスポンス隊は、ちびっこ連れが2組来て盛り上げてくれました。カリスマバンドのライブ如く タンバリン叩き ノリノリで駆け回る & 飛び跳ねる。

子供たちのハートは既に大解放ですが(キルタン前からね)、その姿は さらにみんなを開かせてくれます、

彼らに学ぶことは  たくさん!

 

 

喋るヨガは、マドゥさんよりギーターのおはなし。 今回は 一章を少し。

自分自身を苦しめてしまう考えから、勘違いを取り除く聖典のエッセンスも少し。

ちょうどそんな場面があって
ーー

 

子供が騒がしいのは、

(それを捉える)マインドが騒がしいから。

騒がしいのは子供ではなくて、

(騒がしいと捉える)そのマインド。

 

 

お寺から来たプラサーダム、おやつのパイと、おいしいお茶を、たくさん準備し持って来てくれました。

質がたっぷりで、胸もお腹もいっぱい。

感想をシェアしつつ、皆で頂きました。

 

 

YOGAで、身体を整え綺麗にすることと、考えを整理して明晰にすることは、どちらもちゃんと繋がっていて、同時にすると効果的です。

日常の背後にある(目に見えづらい)ものに気がつけば、我々は、どれほど愛され与えられて いるか、 よーーーーーーく  分かります

 

 

春にまた来ていただく予定なので、興味があれば ぜひご参加くださいね。お子様連れも大歓迎。

食べるだけで涙を流す人や、歌うだけで涙を流す人、シュローカ聴くだけでズドンとくる人、

どこにヒットするか、、わかりません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です