スリンダー先生と人生の先輩たちーー要町区民ヨガ

以前もブログで紹介しました、
燻銀ヨーギーたちがやってくる豊島区要町の区民ヨガ。


もともとは のーちゃんが担当していた豊島区主催のYOGAクラス。スワミスキノの妊娠・出産後、ディーンさんが引き継いで、長く続いてきたクラスです。

人気講座で先着順が続き、今では「サークル」に姿を変えて活動中。

 

 

くる方々も それと一緒に成長します。

始まりのお祈りや「OM」も真剣に唱える。
入ってくるときの挨拶だって「ナマステ〜」。
サンスクリットへの親しみも、YOGAへの姿勢も整えてきた。

 

そして ことわざどおり、


〜弟子の準備ができると グルが現れる〜

 

 

 


先生が 目を閉じ座るだけで、一斉に座る姿勢が正されます。

 

スリンダー先生は、区民ヨガの皆さんを
「人生の先輩」
と言った。

「私の両親と同じ、もしくはそれより年配の方々へ YOGAを伝えることは、私の使命」。

 

それから クラスがスタート。

 

みんながわかるように、自らやりたくなるように、重要な効果を伝えます。

みなさんは 先生の話に大きく頷き、とても真摯に学びます。

取り組む姿勢(心身共)が うつくしい!!

 


年の功なのか、人格からなのか、
我 が少ない というか、一生懸命、カッコつけない、、、なんでしょう??

文字にしずらい ーー とてもうつくしくて、見ている vanam陣全員が涙目。

 

https://www.youtube.com/watch?v=oGSqICc7zM0&feature=youtu.be
 

 

先生は、一人ひとりをとても尊重していることを

視線や手振り、ビーム(?)で伝えます。

相手も それを知覚するから、

お互いが尊重し合う 完璧な会場!!

 

 

〜人間の身体は成長に限界があります。
歳を取り、身体的にできないことが増えると
落ち込むこともあるでしょう。
でも、決して自分自身を落とさないでください。
「わたしは強い」
「わたしは独りじゃない」と
知ってください。

身体には限界があっても
マインドは いくらでも良くなることができます〜

 

 

クラス後の 皆さんの顔は 晴れ晴れ。

 


スリンダー先生が、
口で伝える知識のほかに、
先生そのもの、存在から発する強いビームがみんなに伝染するのです。

 

達人 おそるべし!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です