草木花を愛するひと

 

vanamの窓側は、木の生える小さなスペースです。

かなりワイルドなその庭?の木を、先月カットしてもらいました(会長のプレゼント)。

 

それと同じ頃から「ここをなんとかしたい」と、申し出てくれたひとりの女性が居りまして、

アイデア/アドバイスだけでなく、実際の行動とセットで提供してくれるーー「では、●月●日に都合を合わせてやりましょう」と。

 

ああ かっこいい。

 

 

近所に暮らす彼女の庭は、おったまげるほど美しく手入れされ、居るだけで心地よい空間。あの ターシャとか(それしか知らないけど、、)、そういう  愛を込めて手入れされた庭、この人は草木花が心底好きなんだろうなぁ と伝わる庭を作るひと。

 

彼女とやれば まちがいない。

だって動機が「愛」だから。

 

 

来るたびに ずーっと気になっていたという、窓枠上のモシャモシャ。

換気口の周りまで大量に絡みつくツタを、引っ張り続けて剥がします。

巨大な塊が取れて、鳥の巣かリースが作れそう。

 

この三倍くらい取れました。

 

 

外のジャングルへ侵入していくと、

驚きの絡まり力!!

 

 

作業しながら ゆりさんが

「つる性の植物は依存できるものにどんどん絡みついて、依存相手を殺さない丁度良い加減のところ、ギリギリで絡みつく」

「ゴミが溜まって風通しの悪いところは、さらにゴミを引きつける。澱んだものが澱んだものを呼ぶ」

 

ハッとさせられる お言葉。

植物と人間は いっしょだね、、、( ´Д`)

 

 

フェンスから外すと こんな!!!

(うん●みたい、、、、)

 

 

 

しばらくすると、

金木犀(キンモクセイ)が発見されて ちょっとうれしい。

 

 

さらに ヨーコちゃんトゥルシー持って登場(この状態で電車乗ってきたらしい!)。

色々植えたい野望を語る。

 

 

 

伝染し合えるメンバーが居ることは とても心強く有難い。

 

〜決めて動き始めた瞬間からすべてが動き出し、あらゆるところから助けが現れる〜 これ、ほんとに。

 

 

下に放置された 朽木や枯葉も退けていきます。

太い幹はのこぎりで、

枝は割り、小さく刻んでゴミ袋たんまり。

 

 

焚き火で焼き芋したい

 

 

 

気づけば陽が落ちてきて、

途中だけど、今日はおしまい。

 

 

ゆりさんは、

「思っていたのの半分もできなかった!」

終わってからも

「あれはこうしてあげたらいい、これはかわいそうなんだ、だから次はこれをこうして、またやろう、、、」って、熱心に説明ーー子供か?ってくらい愛してるのがよくわかる。

やってる側/受けてる側、どちらも楽しく幸せで、vanamの木達も喜んでいる気がして(勝手に妄想)

 

今日もまた、幸せな達成感を味わわさせて(←??)いただきました。

 

 

 

師匠、またよろしくお願い致します!!

 


 

もし思考が愛のために使われているとき、

愛のために奉仕しているときには

たいくつというのはありえないんだよ。

(アミ/宇宙人)

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です