一陽来復 御守

 

【一陽来復】
冬が終わって春(新年)が来ること。悪いことが続いた後 よき道が開けること。陰暦十一月、冬至のこと。易のことば


 

先日、やすこさん(いつも来てくれる)より黄色い巾着と巻紙を頂きました。

 
これ、とても有名な「金銀融通」の御守り だそうで

早稲田にある穴八幡宮にて、冬至から立春(節分)の間だけ頒布しているお守りです。

彼女は頒布初日、行列に並び受け取ったそうな。

vanam の分まで、、、、ありがたい。
 

 

しかも、頒布日だけじゃなく、祀る日時も限定。

冬至・大晦日・節分のうち  のいずれかの日の、夜12時。

その年の恵方向きに  壁や柱に貼る、

という約束があるらしい  ーー  

 


本気度を試されております  ( ꒪д꒪ ! )

 

 

 

節分の夜、

よーこちゃんが 来たので方角確認、時刻もセット、

スマホ さまさま

 

 

なるべく高い位置に貼るためイスもセット、

裏に両面テープつけて  

23:59   カウントダウンを待ち、、、

 

 

はるべし !

 

(よーこちゃん最大の高い位置へ! つま先立ちが  愛おしい、、、heart

 

 

そのあと  なむなむ vanamのことをお祈りして、

三田線の終電向けて、いそいそ坂道下りました。

 

これで  ことしも  金銀融通 !!

 


 


融通   とは、滞りなく通づること でして、

そのときは、金銀含めたすべてのことが(結果的に)通じます。

2月4日の立春から 風(気)の流れが変わるので

頂いた風に 有難く乗せてもらいつつ、

出来ることを精一杯行う  が融通の秘訣 yes

 

人間同士もそうだけど、捧げる/受け取るは ワンセット、

お互いに感謝しあって与え合うと

外身も中身も 豊かにうれしくなりますよ。

🙏   🙏   🙏   🙏   🙏

 

 

Vāyu

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です